REI DIVING CLUBのブログ

「BE WATER, MY FRIEND (友よ、水になれ)」。REI DIVING CLUBのブログです。

貴重品の管理について

貴重品は、持ち歩かないことが原則です。

そもそも必要以上のものは持って来ない方が良い。

日本のままの大財布⁇で、使いもしないクレジットカードを何枚も持っていてもしょうがないし、多過ぎる現金(日本円)もいらないです。

 

フロントのクロークに預けるのが一番安心。

もしくは各部屋に備え付けのセーフティーボックスへ預ける。

 

セーフティーボックスだって、安全ではない。と、言う方がいます。しかもプロが。

が、ちょっと待ってください。

 

例えば、最近では香港観光旅行の時のガイドさんが最初の説明でそう言っていました。

ルームクリーニングの人は部屋に自由に入るし、暗証番号を忘れてしまった時に開ける術も当然あります。

でも、どちらが良いかの比較です。持ち歩くよりはやはり安全でしょう。

格安の宿はリスクがあるかもしれませんが、私たちが宿泊するホテルは、ある程度のランクのホテルです。

も、もちろん、セーフティーボックスに入れず、部屋に出しっ放しは論外ですが。

「安全ではないではなく、万能ではない(100%でない)。」とお考えください。

 

リスボン旅行の時も、ガイドさんがそうお話しされていました。

でも、それも100%だと思わないでねという話。

翌日に聞いてみました。万一、セーフティーボックスから盗まれた場合はどうするのか、と。

証明できないから、どうしようもないとの返答でした。が、今まで数十年ガイド業をしているが、リスボンでそのようなケースは一度も聞いたことがないとのことでした。

盗まれた物が戻って来ないとしても、ホテルや警察には届け出します。

そのことが情報で外部に流れればホテルの損害にもなりますので、ある程度のホテルであればスタッフ教育、安全対策はする。でしょう。と思いたい。

 

バルセロナ旅行での話し。

部屋に入ると既にセーフティーボックスが閉まっていました。と、私の部屋に来ました。

もちろん私も開けられないので、フロントに電話しスタッフの方に開けてもらった。

その後、その部屋の方は、セーフティーボックに貴重品を入れて閉めました。

すると、またその方が、私の部屋にやって来て、

「私の暗証番号なんでしたっけ?」

それは本人しかわからないで、またスタッフを呼ぶという笑 スタッフ忙しい。

 

ついでに。

セキュリティーボックスを閉めたら、必ずちゃんと閉まっているか必ず確認してください。

同じく。部屋を出る時、オートロックの扉も、ちゃんと閉まってるか、必ず確認。

ふちにドアが引っかかって、しっかり閉まっていなと時がある。(カードを持って出てくださいね‼︎

あと。盗難防止に。バルコニーの鍵も必ず閉めるようにしてください。そこから侵入もあるらしい。

 

 

f:id:reidivingclub:20180113170546j:plain